台湾-台鉄(台湾鉄路)-世界を旅するフォトエッセイ(海外観光旅行ブログ)

台鉄(台湾鉄路)で瑞芳へ。

台鉄(台湾鉄道)

台鉄(台湾鉄路)

台北駅ではやたら行先案内板があるのでとても分かりやすい。

空港で言うフライトボードもあるのでオンタイムな運行状況も見てわかる。

 

台鉄(台湾鉄道)

台湾の鉄道は、

 

・高鉄(新幹線)

・台鉄(一般列車)

・地鉄(地下鉄・MRT)

 

があり、

・高鉄は台北市と高雄市とを結ぶ高速鉄道で開通以来利用者数が年々増加しているため沿線計画が発表されている。

・台鉄は台湾全土を一周する一般鉄道で台湾の主要都市を結ぶ重要なライフライン。

・地鉄は台北や高雄など都市の中を網羅する生活交通手段。

 

また鉄道以外に台湾では台北駅周辺の3つのターミナルを起点に遠距離バスも多く運航しているので、鉄道が通っていない場所でもアクセスが可能。遠距離バスはシートが広く寛げるので移動手段としてはこちらも人気が高い。

 

台鉄(台湾鉄道)

台鉄には日本と同じく、各駅停車、快速などの種類があり、指定席が取れたりもする。Mamaが前回各駅停車の「区間」に乗り、長時間の立ち乗りとなったのが嫌だったらしく今回は「区間」より少し早い「莒光」にし指定席を取った。

ちなみに台鉄には「悠遊カード (悠遊卡)」でも乗車できるが、指定席を取る場合は窓口で乗車券を購入しなければならない。駅の自動券売機でも座席指定はできない。また悠遊カードで乗車した場合は、下車駅に悠遊カード用の改札がない場合が多く、改札を出た後、悠遊カードの機械を探しカードをかざさないと次乗るときに面倒なことになる。

 

台北車站 – 瑞芳車站 間の大体の時間と料金の目安はこちら。

区間 45-60分 $49
莒光 40-50分 $59
区間快 36-46分 $49
自強 35-45分 $76
普悠瑪 32分 $76
太魯閣 32分 $76

 

台鉄の時刻表と運賃は「台湾鉄道局のサイト」で確認できる。

 

台鉄(台湾鉄道)

台鉄(台湾鉄道)

サインボードもあるので乗り場を間違えることもない。

 

台鉄(台湾鉄路)

地下鉄の駅の様に落下防止の安全壁はない。

 

台鉄(台湾鉄路)

台湾に来る寸前にスマホを落としOSが暴走するようになった娘(ニャン)ちゃんは寸暇を惜しんで小説を開き、あとの二人はスマホをピコピコ。Mamaは好奇心旺盛にあちこちうろつく。

 

台鉄(台湾鉄路)

台鉄(台湾鉄路)

台鉄(台湾鉄路)

読書、ゲームで対戦、睡眠と思い思いの40分であっという間に「瑞芳」到着。

 

台鉄(台湾鉄路)瑞芳

瑞芳駅

瑞芳駅

瑞芳駅

瑞芳の町に到着。

 




-->