香港国際空港

香港国際空港 国際線 搭乗待合室

香港国際空港。現地ではチェクラップコク国際空港とも呼ばれる。近代的な空港の特徴として、空港は増え続ける空港利用者の数を見越して巨大化しているうえ、商業的利益も増加傾向にあるため、レストランや高級ブランド店、などのショップのキャパも増やしている。宿泊施設がある空港は当たり前になり、ドバイ国際空港のように「モスク」のある空港も出てきた。空港内でのサービスは多様化してきていて、もうこれは空港をメインとした複合施設だと言わざる得ないし、近い将来、確実にそうなっていく。



香港国際空港 国際線 搭乗待合室 シャネルのショップ

シャネル。

 

香港国際空港 国際線 搭乗待合室 ロレックスのショップ

ロレックス。

 

香港国際空港 国際線 搭乗待合室 トリー バーチのショップ

トリー バーチ。

…入るのも怖いくらいの高級ブランドショップが並ぶ。

 

香港国際空港 国際線 搭乗待合室 タッチパネル式の香港国際空港施設案内ボード

タッチパネル式の香港国際空港施設案内ボード。

 

香港国際空港 国際線 搭乗待合室 インフォメーション

インフォメーションもなかなか忙しそう。

 

香港国際空港 国際線 搭乗待合室の案内板

喫煙室へのサインがこんなに大きく扱われてるなんて笑える。

でもまあ、この嫌煙の時代に入ってしばらくたつけど、中国大陸ではまだ喫煙者が多いので当然かも。

 

香港国際空港 国際線 搭乗待合室 フライトボード

おっと…。危ない。

大阪行きのフライトがゲート変更になってる…。

先月、韓国の仁川国際空港でもゲート変更があったのに気付かず、危うく飛行機に乗り損ねそうになったばかりだ。

こんなに頻繁にあるなら気を付けなきゃ。

香港国際空港内での民族衣装の展示

香港国際空港 国際線 搭乗待合室 民族衣装の展示

左右が搭乗ゲートになっている搭乗待合室のコンコースの間のスペースを利用して、中国の民族衣装の展示があった。

 

香港国際空港 国際線 搭乗待合室 民族衣装の冠の展示

中国には約14億の人口があり、56の民族がいて、そのうちの1つである漢民族が91%を占めていると言われているため、他の55の中国少数民族で人口の8%、約1億1,000万人が存在する事になる。

 

香港国際空港 国際線 搭乗待合室 民族衣装の展示

単純に1億1,000万人を55の民族で割っても200万人。

人口200万人ほどのスロベニアが世界人口第149位という点を考えると、中国の場合、少数民族とはいっても、独立国家足り得る人口の少数民族ってかなりな数ある事になる。

 

香港国際空港 国際線 搭乗待合室 民族衣装の展示

モンゴル問題などでもやっていたけど、民族の言葉というのもあったりするし…。

 

香港国際空港 国際線 搭乗待合室 民族衣装の装飾品の展示

個別の文化風習も当然のようにあるんだろうしね…。

そんな事を考えながら、スタバでお茶する。

フレンチ キィウィ 26ドル、
ガーデンミックス 26ドル(約390円)。

 

香港国際空港

テキストのコピーはできません。