韓国 イノ ホステルへの帰り道

韓国 ソウル 道に迷う。

韓国 イノ ホステルへの帰り道。スケートリンクの整備時間を待つのも退屈なので、夕飯を食べに行こうという事になった。蚕室(チャムシル)駅に向かい、軽く道を間違え、何とか環状線になっている2番線に乗り込む。距離はあるが イノ ホステル のある合井(ハプチョン)駅まで乗り換えなしだ。この頃になると哥哥はかなり地下鉄に慣れて来ていて、僕も姐姐も妹妹も全く疑うことなくスマホをいじりながら哥哥の後をついていく。


イノ ホステルへ

韓国 ソウル ワッフル

道すがら「あのワッフル旨そ~。」とか言いながら買い食いをする。

クリームをたっぷりつけてたったの1,000KRW(約98円)。

なかなかボリューミー。

 

韓国 ソウル 餃子餃子

「餃子だ~。旨そう。」

 

韓国 ソウル

まあまあ、一旦ホステルに戻ろうね。

 

韓国 ソウル 合井の摩天楼

見上げてみると合井(ハプチョン)はソウル駅や明洞などからは結構離れているんだけど、ここら辺も摩天楼が広がっている。

 

韓国 ソウル 日本風の居酒屋

日本風の居酒屋発見。

 

韓国 ソウル 合井イノ ホステル

イノ ホステルに戻ったとたん、キッズ達はサッカーゲーム。

かなり気に入ったようだ。

他の宿泊客とすぐ一緒になってゲームで打ち解ける。

 

こちらは部屋に戻りちょっとした準備をする。

外は結構雨が降っていたが何か食べに行かなきゃ。

どうしたい?キッズ達は?

結局答えは妹妹の意向で合井駅(ハプジョン)近くの「焼肉屋さん」。

まずは2日連続の焼肉~。

 

韓国 ソウル イノ ホステルでチェス

焼肉で満腹になりホステルに戻ったキッズ達は、僕が荷物の整理や電子機器の充電の為に部屋に戻ってあれこれ用事を済ませている間に他のバックパッカー達とサッカーゲームで盛り上がっていた。

しばらくすると韓国の大学に通っているという、さっきまでキッズ達とサッカーゲームを大はしゃぎでやっていた綺麗な女性達が僕の所にやって来て、 子供達にインタビューさせてくれという。

心理学のレポート用の取材らしい。

子供たちの通訳として結構深いテーマの質問に30分ほど答えてインタビューは終えた。

哥哥と姐姐はその後、深夜過ぎまでチェスにかじりついていたが、哥哥の長考のおかげで姐姐はパブのソファーで眠り込んでしまった…。

合井駅(ハプジョン 韓国 ソウル)

テキストのコピーはできません。