京都 – 伏見稲荷大社

2021-07-27

京都 伏見稲荷大社

京都 伏見稲荷大社「千本鳥居」

京都の伏見稲荷大社は全国に3万社あると言われる稲荷神社、俗に言う「お稲荷さん」の総本宮として知られる。また日本各地の神社を包括する「神社本庁」には属さない単立神社。元々は五穀豊穣の神だったようだが、後に五穀豊穣、商売繁昌、家内安全、諸願成就の神となっていく。奈良時代の西暦711年「二月初午」の日に稲荷大神様が鎮座なさってから現在に至る。「千本鳥居」の神社として知られているけど、この鳥居、企業や個人が奉納し続けているので絶対もっとあるでしょ…。確認してみたら「稲荷山全体で約1万基」となっていた。空海(弘法大師)と稲荷大神様の逸話など諸々の逸話がある。



京都 伏見稲荷大社への道

京阪本線 伏見稲荷駅で電車を下車し、人の流れに沿って進む。

沢山のお土産屋さんや飲食店が並び、有名な観光地なんだなと感じる。

 

京都 伏見稲荷大社 大きな鳥居

駅から数分で大きな鳥居が見えてくる。

 

京都 伏見稲荷大社「楼門」

「楼門」。

1589年豊臣秀吉が母の大政所の病気供養の為に建てたとされ、日本国内の楼門としては最大級のもの。

 

京都 伏見稲荷大社「稲荷大神様」のお使い白狐

「稲荷大神様」のお使いとされる白狐。

白い狐というより透明の狐で人間には見えないのだとか。

 

京都 伏見稲荷大社

京都 伏見稲荷大社 「千本鳥居」入り口

「千本鳥居」入り口。

 

京都 伏見稲荷大社「千本鳥居」

京都 伏見稲荷大社「千本鳥居」

京都 伏見稲荷大社 朽ちた鳥居

鳥居の朱色は魔よけの色とされ、水銀を使って防腐効果を出すそうだけど、やっぱりこうなるので修理するのだそう。

京都 伏見稲荷大社「千本鳥居」

京都の観光客って本当に外国人が多いな。

ぱっと見日本人と区別着きにくいけど中国人もかなり多かった。

 

京都 伏見稲荷大社 白人観光客

ここも白人の一団。

 

京都 伏見稲荷大社「金光大神」

金光大神。

 

京都 伏見稲荷大社 三ツ辻

三ツ辻。

ここから五膳谷奉拝所、薬力社に向けて進む。

 

京都 伏見稲荷大社 千本鳥居

本当に白人多いな…。

 

京都 伏見稲荷大社 稲荷山

伏見稲荷大社は稲荷山全体を神域とするそうで、約87万平方メートルが境内となっているからかなり広い。

 

京都 伏見稲荷大社 白人の一団

スペイン語を話す白人の一団。

京都 伏見稲荷大社「授与所」

お守りや絵馬、御札などを販売する「授与所」。

 

京都 伏見稲荷大社 茶屋

伏見稲荷大社は「正一位」という神様の位で最高位をもっていて、お正月の三が日には250万人が参拝する近畿地方で一番参拝者を集める社寺となっている。

伏見稲荷大社(京都市)