Jimmy’s アイランドグリル

那覇 Jimmy's アイランドグリル title=

Jimmy’s(ジミー)に併設されているブッフェスタイルのレストラン「アイランドグリル」。

沖縄でビュッフェスタイルを広めたレストラン。

Jimmy’s(ジミー)はケーキ屋さんとスーパーマーケットを合わせたスタイルのお店で沖縄県内で20店舗ほど展開している。

 

アイランドグリル店内

那覇 Jimmy's アイランドグリル title=

アイランドグリルのドアをくぐると右手にレストランのレジカウンターがあり、左手に進めばローストチキンやローストビーフなどのアメリカンなデリカテッセンの揃うスーパーマーケット。

ビュッフェの料金は、2021/03時点で、

ランチ(11:00~15:30)
平日(月~金)中学生以上:1,600円、小学生:850円、幼児550円。
土日(土日祝)中学生以上:1,800円、小学生:900円、幼児650円。
ディナー(17:30~21:30)
平日(月~金)中学生以上:1,800円、小学生:900円、幼児650円。
土日(土日祝)中学生以上:2,000円、小学生:1,100円、幼児800円。

 

那覇 Jimmy's アイランドグリル title=

食べ放題のビュッフェ料金を支払い店内に入るとまず目に入るのは「ビュッフェ・テーブル」。

アイランドグリルのビュッフェ・コーナーはこの部屋に全て納められている。

 

支払の時ショップのスタッフに

「お料理を取る時は必ずマスクと手袋をお願いします。」

と言われたが、最近このパターン多いよね。

 

那覇 Jimmy's アイランドグリル title=

ビュッフェ・コーナーを挟んで道路側と奥側に食卓があり、こちらが採光の良い道路側のお部屋でテーブル&チェアとボックスシート。

 

那覇 Jimmy's アイランドグリル title=

奥側のお部屋はベンチシート。

ご時世で見た目は悪いけどちゃんとついたてを立ててコロナ対策をしている。

 

やっぱりこの日は、卒業式を終えて食事に来た様子の親子が多く、まあまあいろんな制服の高校生がいた。

もうこの光景って沖縄の風物詩だよね。

 

ビュッフェのお料理

那覇 Jimmy's アイランドグリル title=

サラダコーナー。

普段家では買わないセロリや赤キャベツなどがあるのがうれしい。

ビュッフェと言えば、品揃えもレイアウトも素敵なリヨンのホテルの朝食を連想するんだけど、ここはここで良さがある。

 

 

那覇 Jimmy's アイランドグリル title=

温野菜、ピザ、卵コロッケ、大根のピクルスとスープが2種類。

 

那覇 Jimmy's アイランドグリル title=

焼売、マッシュルームのクリームパスタ、グラタン、きんぴらごぼう、そしてカレー2種。

 

那覇 Jimmy's アイランドグリル title=

おでん、茶そば、チキンの煮込み、焼き魚にローストポーク。

 

那覇 Jimmy's アイランドグリル title=

ジミー自体がパティスリーでお店でケーキを焼いているので、デザートはケーキ中心。

ジミーのケーキって日本の繊細な感じのケーキというよりは「アメリカン」なイメージ。

ジミーは沖縄が日本に復帰する前のアメリカ統治時代にに創業しているので、アメリカンな文化を受け継いでるんだろうね。

 

那覇 Jimmy's アイランドグリル title=

パン類や各種ドリンクも一通りそろってる感じ。

 

那覇 Jimmy's アイランドグリル title=

ビュッフェって一通り食べてみたくなるよね。

カレーとかお腹にたまりがちな料理は誰も取らない我が家。

こういったのも各家庭の傾向があるようで、スイーツ中心のテーブルもあった。

…さすがにカレー中心はいないだろうな。

…それならカレー専門店にいくだろうからね。

 

ちなみにJimmy’sって、そのまま読めば「ジミーズ」なんだけど沖縄ではそうは呼ばないね。

 




   
-->