沖縄科学技術大学院大学(OIST)

恩納村 沖縄科学技術大学院大学(OIST)入り口の坂道

国道58号線を北上し恩納村谷茶のリゾートホテル「ザ・ペリドット スマートホテル タンチャワード」の道向かいの山に入っていくと、そこはすべて「沖縄科学技術大学院大学(OIST)」の敷地となっている。


恩納村 沖縄科学技術大学院大学(OIST)ヴィレッジセンター

沖縄科学技術大学院大学(OIST)のヴィレッジセンターと呼ばれる施設で、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の学生と研究員たちが入居する宿舎。

 

恩納村 沖縄科学技術大学院大学(OIST)カンファレンスセンター

沖縄科学技術大学院大学(OIST)の中は基本的に英語が公用語なので、手前に建っている建物の表記は「Auditorium(講堂)」となっているが、いわゆる「カンファレンスセンター」。

土の向こうに見える円形の建物が「チャイルド・デベロップメント・センター」。

 

恩納村 沖縄科学技術大学院大学(OIST)

沖縄科学技術大学院大学(OIST)は沖縄の発展に貢献し地域に開かれた大学院大学を目指しているとしているので「ガイド付見学ツアー」や「自由見学」も受け付けている。

また「小中高校向け見学プログラム」があったり、「サイエンスフェスタ」という一般公開のイベントを行なったりもしている。

 

恩納村 沖縄科学技術大学院大学(OIST)「第4研究棟・LAB FOUR」

「第4研究棟・LAB FOUR」。

この棟は比較的最近になって完成している。

 

恩納村 沖縄科学技術大学院大学(OIST)「第3研究棟・LAB THREE」

「第3研究棟・LAB THREE」。

この先には「第2研究棟・LAB TWO」が隣接して建っている。

 

沖縄科学技術大学院大学(OIST)では「SCORE! サイエンス in オキナワ: 起業のための研究能力 サイエンス・フェア」と銘打ったフェアも毎年行っていて、高校生に起業や生活に役立つアイデアをプレゼンしてもらい、その内容を競うコンテストなども行っている。

他にも文化的な活動も行っていて、伝統芸能の公演なども。

…でもま、プロモーションが弱いのか、あんまり知られてない気がするな…。

でも、沖縄に世界的な頭脳集団の研究所があるってすごいよね。

恩納村 沖縄科学技術大学院大学(OIST)

テキストのコピーはできません。