パリ シャルル・ド・ゴール空港

フランス パリ シャルル・ド・ゴール空港

パリ、シャルル・ド・ゴール空港(略称:CDG)。 フランスの首都在の空港でありフランス最大の空港。年間6,000万人近くの利用者がある 世界有数の国際空港(世界10位、欧州2位)。ちなみにドバイ国際空港が3位、仁川国際空港が4位、成田国際空港が7位、香港国際空港が8位、上海浦東国際空港が9位にランクイン。軍人から首相、大統領を歴任した シャルル・アンドレ・ジョゼフ・ピエール=マリ・ド・ゴール(Charles Andre Joseph Pierre-Marie de Gaulle) にちなんで命名された。


パリからドバイへ

フランス パリ ルイイ通り

フランスの最終日、パリからドバイへの飛行機はシャルル・ド・ゴールを15:35に発つ。

2時間前までにチェックインしなくてはならないのと空港までの移動時間を考えると 12:00位まではのんびりできそうだ。

ゆっくりめの朝食を済ませて、シャワーや荷物のパッキングなどをしていたらあっという間に10:00を過ぎていた。 ホテルを後にし、街の景観を楽しみながらゆっくり駅に向かった。

 

フランス パリ ルイイ通り 地下鉄デュゴミエ駅(Dugommier station)入り口

シャルル・ド・ゴール空港には地下鉄デュゴミエ駅からシャトレー駅まで行きRER B線に乗ると 終点がシャルル・ド・ゴール空港2(Aeroport Charles de Gaulle 2)。

 

フランス パリ RERのチケット

RERのチケット。

空港までのアクセス方法はシャトルバスやTGV、タクシーなど色々あるようだけれど、 RERだと渋滞で予想以上に時間がかかり焦るということもなく10ユーロ以内、 1時間以内で空港に行く事ができるので、パリの地下鉄に乗れる人にはRERがおススメ。

RER駅と空港は繋がっている。RER駅の大きな発着案内ボードの前で写真を撮ったり、 シャルル・ド・ゴール空港の外に出てみたり、マクドナルドの自動注文機と格闘してみたりしながら 搭乗までの時間を空港で過ごした。

 

シャルル・ド・ゴール空港

フランス パリ シャルル・ド・ゴール空港のフライトボード

シャルル・ド・ゴール空港のフライトボード。

こんなに大きいのは初めて見た。

 

フランス パリ シャルル・ド・ゴール国際空港の構内

エミレーツ航空のカウンターでチェックインを済ませ、ボーディングパスを受け取って フライトゲートに向かう。

 

フランス パリ シャルル・ド・ゴール国際空港のマクドナルド

フランス・パリ シャルル・ド・ゴール国際空港のマックカフェ

まだボーディング(搭乗)開始まで時間があるのでマクドナルドへ。

沖縄ではマックカフェは見た事がないが、ドバイもパリもホットドリンクはマックカフェ という風にマクドナルドと分れている。

ここでもオーダーは大きなタッチパネルを 使って行うが… クレジットカードが拒否られる(汗)。

結局店員さんに助けてもらい、別のカード・リーダーでなんとか清算ができた。

なんか、改札機の読み取り不良といい、このカードリーダーと言い、 何度もエラーなんて日本では経験ないので焦る。。。

 

でもそれって、日本がすごいだけでフランス・レベルが世界基準なんでしょう…きっと。

 

フランス パリ シャルル・ド・ゴール国際空港 搭乗エリアの「ブルガリ」のショップ

入国審査やボディチェックを終えてボーディング待ちの間もウロウロ。

有名ブランドショップが軒を連ねる。BVLGARI、Dior、BURBERRY、etc…。 まあ、もちろんこんな高そうなとこで買えないんだけどね~。 社会見学としてウインドショッピング。

 

フランス パリ シャルル・ド・ゴール国際空港 エプロンのエミレーツ航空の航空機

3回目のエミレーツフライト。さあ、ドバイ、向かうか。

シャルル・ド・ゴール空港

テキストのコピーはできません。