ウラジオストク-アエロエクスプレス-世界を旅するフォトエッセイ(海外観光旅行ブログ)

アエロエクスプレス駅

ロシア・ウラジオストク。アエロエクスプレス駅
昼間見た空港に行く鉄道のターミナル。

 

ロシア・ウラジオストク。アエロエクスプレス駅
駅構内に入る時は毎回金属探知機を通る。

 

ロシア・ウラジオストク。アエロエクスプレス駅
この駅からの時刻表。

赤文字で書かれているのがウラジオストク国際空港行きの便。

空港駅はクネヴィッチ駅(Airport Knevichi)と書かれてる。

一日5本しか出ていない。

 

ロシア・ウラジオストク。アエロエクスプレス駅
チケット売り場。

英語は通じない。

僕の場合、英語で話しかけて駄目だったのでGoogle翻訳でロシア語にし、 それを見せてチケットを買った。

 

ロシア・ウラジオストク。アエロエクスプレス駅
先ほどの時刻表のあるところに自動券売機がある。

数日後のチケットまで買えるので事前に出発便を指定してチケットを購入しておく事も可能。

空港まで大人一人220ルーブル(約370円)。

 

ロシア・ウラジオストク。アエロエクスプレス駅
自動券売機の画面表示。

英語が選べる。

 

ロシア・ウラジオストク。アエロエクスプレス駅
自動券売機の紙幣を入れるところ。

…気づくかどうかだが

「10、50、100ルーブル紙幣」

しか受け付けていない。

つまり大きめのお札、500ルーブル紙幣や1,000ルーブル紙幣は使えない。

おまけに言っとくとチケット売り場の係員に両替をお願いしても両替してくれなかった。

10、50、100ルーブル紙幣が足りない場合どうするか…。

駅舎の外にコーヒーを売っているスタンドがあるのでそちらでコーヒーを買って小額紙幣を手に入れるしかない。

早朝6:30の段階で既に開いていた。

僕は実際にそうした。

 

ちなみに僕たちは440ルーブル必要なところポケットを探りながら紙幣を入れていき420ルーブルで小額紙幣が無くなったので キャンセルボタンを押したのだが…。

420ルーブル戻ってくるかと思ったら戻ってこなかった。

クレーム付けようにもロシア語を喋れないので「時間の無駄」とあきらめた。

 

ロシア・ウラジオストク。アエロエクスプレス駅
乗車切符。

車両指定や座席指定はない。

 

ロシア・ウラジオストク。アエロエクスプレス駅
待合室(三階)。

券売機と同じフロア。

 

ロシア・ウラジオストク。アエロエクスプレス駅
カフェ(二階)。

 

ロシア・ウラジオストク。アエロエクスプレス駅
最下階の改札口(一階)。

ここもちょっと大変で、乗車切符はレシートみたいな紙で、それに印刷されたバーコードを改札機に読み込ませるのだが、 それを知らないとちょっとパニくる。

Suikaみたいに「ぴっ」ってするのか、切符を改札機に吸い込ませて読み込むのか…。

なんて思っちゃうから。

実際、目の前でロシア人がこの改札の通り方が分からなかったようで何度も切符を改札機に押し込もうとしてあせくりまくっていた。

 

ロシア・ウラジオストク。アエロエクスプレス駅

 

ロシア・ウラジオストク。アエロエクスプレス駅
プラットフォーム。

 

ロシア・ウラジオストク。アエロエクスプレス駅
列車内部。

 

>> ウラジオストクのホテル情報はココをクリック。


アエロエクスプレス駅(ロシア・ウラジオストク)


-->