フランス・パリ-ルーブル美術館-世界を旅するフォトエッセイ(海外観光旅行ブログ)

ルーブル美術館

フランス・パリ。Musee du Louvre.
パリ市内観光を終えて地下鉄の駅を探していると偶然ルーブル美術館(Musee du Louvre)にたどり着いた。

この日は休館日だったが、折角なので、まあ入れるところまで入ろうかという事になり 敷地内に入ってみた。

もちろん展示室には入れないがカフェは営業していたし、 中庭(ナポレオン広場)を散策したり「ルーヴル・ピラミッド」は見る事ができた。

 

フランス・パリ。Louvre pyramid.
ちなみに中庭「ナポレオン広場(Napoleon Square)」は入場無料。

ピラミッド入場は有料で12ユーロ。

5ユーロでオーディオガイドの オプションもあるようだ。

 

フランス・パリ。Louvre pyramid.
今まで大英博物館(イギリス)故宮美術館(台湾)などは見てきたので ルーブル美術館もぜひとも見たいという想いがあったのでとても残念に感じる。

 

フランス・パリ。PAVILLON MOLLIEN.

フランス・パリ。Gate in Napoleon Square.

フランス・パリ。Inside view.

広大な敷地を半周程して、その建物からも伝わる荘厳さを感じつつルーブル美術館を後にした。

 

最寄りの駅はM1、M7ラインの「Palais Royal-Musee du Louvre」。

 

■世界三大美術館…を調べてみたら…
ルーブル美術館(Louvre Museum/ フランス・パリ)
エルミタージュ美術館(State Hermitage Museum/ ロシア・サンクトペテルブルグ)
メトロポリタン美術館(Metropolitan art museum/ アメリカ・ニューヨーク)
となっている。

 

ロシア・サンクトペテルブルグの「エルミタージュ美術館」は、女帝エカチェリーナ2世の個人的なコレクションから始まり(1764年~)、ロシア革命後、貴族から没収した作品なども追加され、建物自体も芸術価値が高く「サンクトペテルブルク歴史地区」と併せて世界遺産となっていて、サンクトペテルブルグ自体がとても優雅な都市として知られている。

というかサンクトペテルブルグについては上海夏季留学で知り合ったターニャから散々自慢話のように聞かされていた。僕もこの博物館は以前から興味があるので、ぜひ一度行ってみたい。

 

フランス・パリ。Le Cafe Marly.
ルーブル美術館内にあるカフェ。ここも美術館の閉館日だったが営業していた。

 

フランス・パリ。Bronze statue of Louis XIV in The Louvre Museum.
ルーブル美術館のルイ14世像。

リヨンのベルクール広場の銅像に続き、ここでもブルボン朝最盛期の王で太陽王(Roi-Soleil)・ ルイ14世の銅像が登場。本当に栄華を極めたフランス王だったんだろうね。

 



ルーブル美術館(フランス・パリ)


-->