タンソンニャット国際空港

ベトナム ホーチミン・シティ タンソンニャット国際空港 チェックインカウンター

タンソンニャット国際空港。 出発三時間前、やっと搭乗手続きが開始した。23時台の深夜のフライトは結構多いようなので早めに搭乗手続きを済ませ、中のカフェとかで過ごすことにする。



ベトナム ホーチミン・シティ タンソンニャット国際空港 搭乗手続き

…ん、なんか時間がかかるな…。

…と思っていたら 並んでいる人みんな凄い荷物。

アシアナ航空だから韓国人なのだろうか。

「中国人の爆買い」というのはよく聞くが、韓国人もそうなのだろうか…。

これだけでショルダーバック一つの俺が彼等と違う国の人って分かるんだろうね。

彼等の機内預け荷物の処理のお陰で搭乗手続きが終わるのに1時間もかかった。

本当に凄いな…。

ベトナム ホーチミン・シティ タンソンニャット国際空港 搭乗ゲートへの道

今回の旅の費用は 沖縄→韓国→ベトナムの往復40,160円(内チケット代28,000円)。

ホテル4泊約12,000円。

所持金約40,000円で10,000円以上余っている。

 

ベトナム ホーチミン・シティ タンソンニャット国際空港 ボーディングエリアの荷物チェックへの列

危ない目にも合っていない。

スリや盗難の多発地帯と言われるのもちょっと違う感じ。きっと良くなってきているのだろう。

トランジットや 遠回りの 時間的煩わしさも台湾経由出来なかったからだし、ちゃんと計画出来ていれば沖縄からでもベトナムは身近な海外と言えるだろう。

 

ボーディングエリア内施設

ベトナム ホーチミン・シティ タンソンニャット国際空港 ボーディングエリア

手荷物チェックは軍隊風の制服スタッフが行っていたが何だか雑というかこなしている感じだった。

 

ベトナム ホーチミン・シティ タンソンニャット国際空港 ボーディングエリア

新しい空港だけあって空港内はどこもきれいだ。

 

ベトナム ホーチミン・シティ タンソンニャット国際空港 ボーディングエリア 搭乗ゲートの案内板

今回のゲートは9番ゲート。

 

ベトナム ホーチミン・シティ タンソンニャット国際空港 ボーディングエリアのラウンジ

搭乗待ちエリアの一番奥、9番ゲートの所に 30分無料のリラクシング・ラウンジが。

飲み物とかマッサージチェアとかでくつろいでいる人がちらほら見える。

 

上のフロア(4階に該当)のフードコート

ベトナム ホーチミン・シティ タンソンニャット国際空港 ボーディングエリアのフードコート

ベトナム ホーチミン・シティ タンソンニャット国際空港 ボーディングエリアのフードコート

ベトナム ホーチミン・シティ タンソンニャット国際空港 ボーディングエリアのフードコート

残ったベトナムドンを使うべくstar cafeでコーヒーを頼む。

89,880ドン。…すご。

街で35,000ドン(約175円)だった物が空港内だと90,000ドン(約450円) 近くになるか…。

韓国や日本なら普通なんだけど、ここでこの値段だとどうも…ね。

ボーディング開始30分前、CA 達スタッフが集まる。
アシアナのCA はモデル体型が基準のようでみんなスタイルがいい。
韓国らしい気もする。

ホーチミン タンソンニャット国際空港

テキストのコピーはできません。