台北 – 林森北路133巷

2021-07-21

台北 林森北路133巷

台湾 台北 林森北路133巷。

台北、林森北路133巷。「日本人が集まるところといえば林森北路界隈じゃないの。」という話を聞いて来てみた。有名な「台日交流Cafe & Bar Kiseki」もここにある。台湾にまで来てなんで日本人なの?って言われそうだが、台湾に移住を試みるなら、日本人のつながりは有効なのでは?という発想に基づく。あと個人的に大陸中国人の10代~30代くらいの言語学習者の知り合いは数だけたくさんいるが、台湾人の知り合いが少ないのも理由。誰かに雇われる気はないので、短期決戦を考えるなら、可能性はあるだけ拾いたい。大体この界隈の賑わう時間は21:00以降らしいので、どっかで時間つぶしていくか…。


老若男女、日本人が集まるエリア。まあ、いろいろ聞いてはいたが、実際に来てみるとすぐわかった。…まあ、いわゆるスナック、クラブなどの飲み屋街なのね。それと日本料理屋さんやバーが軒を連ねている。

 

台湾 台北市 林森北路のガールズバー

戦前の台湾日本統治の時代から歓楽街として栄え、今は以前と違ってぼったくりやダマしといったものはずいぶん減っているらしいが、やはり日本からの駐在員ご用達のエリアではあるようだ。

 

台湾 台北市 林森北路のガールズバー

歓楽街度合いとしては、お店も減ってきているようで、またお店の内容もガールズバー的なソフトなお店も出てきているようだ。

 

台湾 台北市 林森北路のガールズバーのスタッフ募集の看板

こちらは夜の蝶(レディスタッフ)募集の看板。給料は書いてないんだ…。「無業績壓力(業績がなくてもプレッシャーかけたりしませんよ。)、兼業可、高日給。」

 

台湾 台北市 林森北路

日中はこんな感じで雑然としているけど、夜になるとネオンで様相が変わる。

とは言っても新宿までの賑わいには程遠いけどね。

 

台湾 台北市「中山基督長老教会」

はずれまで歩いていくと、教会があった。

「中山基督長老教会」。

台湾は歴史的に17世紀頃の大航海時代、オランダやスペインの植民地であり、その一番の恩恵が教会と共にやってきた「西洋医療」。その為か街の所々に古い教会を見ることができる。

林森北路133巷(台湾)