マカオ-レジデンスofマカオ-世界を旅するフォトエッセイ(海外観光旅行ブログ)

レジデンス in マカオ

レジデンスofマカオ(澳門/Macau)
すれ違う観光客とは違う人々。
おそらくマカオの住人達だろう。
マカオの人口は2014年段階で58万人。
1964年の時点では19万人なのでこの半世紀で人口が3倍にも増えている。

 

レジデンスofマカオ(澳門/Macau)
レジデンスofマカオ(澳門/Macau)
カラフルなタクシー。

でも嫌な派手さじゃない。

 

レジデンスofマカオ(澳門/Macau)
レジデンスofマカオ(澳門/Macau)
レジデンスofマカオ(澳門/Macau)
いい感じの西洋風マンションの階段の下に「公衆トイレ」。

街中にあるからか明るくて清潔。

…まあ、その辺のカジノに入っちゃうのが一番きれいだけど…。

 

周りの様子がだんだんレジデンスっぽくなってきたので、僕らはここから 引き返すことにした。なんだかヨーロッパの街を思い出させるモダンさがちりばめられていて…。 ちょっと住んでみたいな。って思った。

もちろん漢字の看板が多く「東洋色」はあるんだけど、 建築様式は西洋風のも多く、この辺りはヨーロッパとかシドニーと同じにおいがする。

 

レジデンスofマカオ(澳門/Macau)
レジデンスofマカオ(澳門/Macau)
レジデンスofマカオ(澳門/Macau)
歴史的には16世紀の初め頃、中国明王朝との交易とキリスト教(カトリック)布教のためにポルトガル人がマカオに居留地を確保し、16世紀半ばにはポルトガルのマカオ植民地が成立したとある。

1636~1639年には鎖国中の日本の長崎の出島での貿易の記録もあるのでポルトガルにとってマカオはアジアにおける各種活動の重要拠点だったのだろう。

マカオ返還は1999年12月20日となっているので、中国、明、清、中華民国、中華人民共和国と約350年に渡ってポルトガルの植民地だったわけだ。

また1840年から2年間にわたり行われたイギリスと清のアヘン戦争に触発され、それまで緩やかな支配だったのが、1887年の清との「友好通商条約」締結で正式にマカオを統治下に置く事になる。

 

現在のマカオの公用語はこういった歴史の影響もあり、広東語、ポルトガル語ということになっているが、こんなに長期の支配期間があったにもかかわらずポルトガル語を話すのは1%にもみたないそうだ。

 

レジデンスofマカオ(澳門/Macau)
レジデンスofマカオ(澳門/Macau)
レジデンスofマカオ(澳門/Macau)
「司法警察局」。

 



マカオ(Macau.)


-->