ドバイ-砂漠サファリツアー-世界を旅するフォトエッセイ(海外観光旅行ブログ)

ドバイ砂漠サファリツアー

ドバイ。砂丘の上で休憩。ロシアから来た女性たちと同行。
初めての本物の砂漠体験。

ドバイモールから急いで引き返してきて、集合時間の15分前にホテルに着き、慌てて支度をしロビーに向かった。 幸いまだサファリツアーのドライバーは到着していないようだ。

ホテル前の喫煙場所でドライバーを待っていると、次から次へと色んなツアーの車が入ってくる。

ピックアップ待ちの宿泊客に 「サファリツアーに行くの?」と聞いてみるとほとんどがサファリツアーなのだが、色んなツアー会社のロゴの入った車に乗り込んでいく。
やはり、ドバイのサファリツアーは人気の様で色んな国のエージェントが色んなサファリツアー会社と提携して客を送り込んでいるのだろう。

僕たちは VELTRA(オプショナルツアーサイト) から事前にツアーを申し込んでいて、 これまたパキスタン(Pakistan)の両親を持つアラビアン・ドライバーの英語ガイドで、 ロシア人の3世代ファミリーと一緒になった。ツアーの概要としては、

 

→ハイウェイを飛ばして砂漠エリアに入り、

→トイレ休憩でターバン(トーブ)売りの洗礼を受ける(申し訳ないが断り続ける)。

→砂丘を四駆の車がつづらなりになり、まるでジェットコースターかのようなドライブで30分ほど楽しむ。ドライバーはもちろん転倒しそうなギリギリの運転をしてくれる。

→見渡す限り砂漠のど真ん中で停車。休憩。砂漠を歩く。

→砂漠の真ん中に設営されたレストラン(?)に到着。

→ラクダに乗ったり写真を撮ったりしてしばらく寛ぐ。

→ベリーダンスを見ながらの夕食。

→ヘナ体験。刺青見たいのを腕にしてもらえる。

→帰路に。

 

といった内容だった。

 

ドバイ。果てしなく続く砂漠の地平線

 

砂漠でのハプニング

ただ、僕たちの乗った四駆は単純にそうはいかなかった。
昼食をいっぱい食べたうちの娘(ンニャン)ちゃんがドライブ中に吐いてしまった。
「緊張していて無口なのかな」と思っていたのだが、口の中を嘔吐物でいっぱいにして耐えているのに気づき慌てて ドライバーに停車をお願いする。ビニール袋をもらい吐けるだけ吐いてもらう。

「胃の中空っぽ?大丈夫?」
「10分ほど風にあたって歩いてきて。」
「水あげるからうがいして口をきれいにして」

とドライバーも同行のロシア人ファミリーもうちの小学生に気を使ってくれた。

僕はと言えば、娘ちゃん、ドライバー、同乗者に

「ごめんね~」

を繰り返すしかできなかった。

しばらくし娘ちゃんが大丈夫というので、今度はゆっくりとドライブを再開。

…まあそれでも砂丘の上を走っているのだから、 揺れないわけもなければ、逆にスピードが遅い分危なっかしさが増し、当然走行時間も伸びる。

10分もしないうちに娘ちゃんはまた吐いてしまった。

「すみませ~ん。僕のせいです~。娘ちゃんゴメ~ン!」

ドライバーさん曰く。
「まあ、よくあるから…。ビニール袋もまだあるから」
「でも昼食取ったのが悪かったね。」

 

ドバイ。砂漠の真ん中にレストラン。
なんとかレストランについてから、そのドライバーさんとは出身地の事やドバイの事を話し込んだのだが (タバコも貰った)最後までいい人でした。Travcoさん(現地の旅行会社)感謝。

 

ドバイ。キャメルライド
キャメルライド。

2人乗りもOKで、手綱を引かせてもらう事もできる。

 

ドバイ。ベリーダンス
ベリーダンス。

ベリーダンス自体は何度か見たことがあるが、男性のベリーダンスは初めて。

人を抱えたり色々な事をしながら15分以上回っていた。

彼の後に女性のベリーダンサー。

女性は腰を振る。男性は回るという認識でいいのかな?

 

ドバイ。砂漠の真ん中でアラビアンな夕食
砂漠の真ん中のオアシス(?)でアラビアンな夕食。娘ちゃんは食べつけない料理は苦手の様でほとんど手をつけなかった。 まあ、思いっきり吐いちゃったしね。。
食事はあまり進まなかったけど、ヘナ染め(ヘナタトゥー)をやってもらった。

「なんて書く?」

って聞かれ、何も思い浮かばなかったので名前を入れてもらった。

 

ドバイ。砂漠の真ん中でやってもらったヘナの翌日砂漠の真ん中のオアシスで塗ってもらったヘナ。

翌日にはこんな感じに。

1週間近くは消えずに残った。

もちろん今は全く染みとか残っていない。

 



ドバイ(United Arab Emirates.)


-->