タイ – ダムヌンサドゥアック水上マーケット

2021-07-15

タイ ダムヌンサドゥアック水上マーケット

ダムヌンサドゥアック水上マーケット・タイ王国

ダムヌンサドゥアック(Damnoen Saduak)水上マーケット。フローティング・マーケットとも呼ばれる。バンコクの市街地から西に約80km離れた所にあるタイでもっとも有名な水上マーケット。朝から昼すぎまでやっているマーケットでバンコクのホテルからツアーも 出ているため観光客もたくさん集まる。 他にもタリンチャン水上マーケットやアムパワー水上マーケットなどがある。


タイ王国・バンコク。ダムヌンサドゥアック水上マーケットに向かう道

2日目は早朝に集合し、バンコクから1時間半ほどバスに揺られてバンコクの西側にある ダムヌンサドゥアック(Damnoen Saduak)水上マーケットに向かう。

 

延々と続く赤土の大地と林の緑の変わらない景色を見ながら、 舗装された道をバスに揺られていると段々眠くなってくる。

 

タイ王国・バンコク。ダムヌンサドゥアック水上マーケット

へえ~。こんなのあったんだ~。

舟の上にガスボンベをのっけて火を使ってナームやパッタイなどのタイ料理も売っているし、 洋服や帽子、野菜や果物、タイシルクに木彫工芸品、磁器類、ココナッツなどなんでも 舟に乗せて売っている。

 

「ナーム一杯ちょうだい。」

 

と声をかけると器用に近くまで舟を寄せて、 陶器の器に入ったナームを渡してくれる。

タイシルクなども濡れてしまったら大変だろうに器用に扱って 「安くしとくから買わないか」とセールスしてくる。

タイシルクはバンコクより安いのか白人の女性が タイシルクを手に取って熱心に生地を確かめていた。

万国共通、女性は買い物が好きだね~。

 

タイ王国・バンコク。ダムヌンサドゥアック水上マーケットのお土産屋さんの陶器

舟の上だけでなく川沿いの建物の中でもお土産を売っていた。 色鮮やかな陶器の工芸品が目を引く。

 

アユタヤ象乗り体験

タイ王国・アユタヤ象乗り体験

水上マーケットの観光を午前中で終え、今度は象乗り体験のためバンコクの北側約80km離れた所にあるアユタヤ(Ayutthaya)に向かう。 結構移動時間が長い。

 

タイ人にとって象は特別な動物で、勇気と誇りの象徴でもあり タイ人は古くから象を大切にしてきた歴史があるそうだ。

 

日本人が馬に乗ってやっていたように、タイでは森に行く時にも象に乗って行ったり、 争いの場面でも象に乗って戦ったそうだ。

 

タイ王国・アユタヤ象乗り体験の西洋人観光客

他にも何か所か観光地を回りバンコクに戻る。

 

タイ王国・バンコクの交通渋滞

この車間距離…。どう?

あと車の中をリヤカーが走ってる…。

どう?

 

タイ料理ディナー

タイ王国・バンコク。タイダンスを見ながらタイスキ

バンコクに戻り、レストランでタイダンスを見ながらタイスキ(タイの鍋料理) をライムや唐辛子、ニンニクのたれでいただく。

 

タイ王国・バンコク「タイダンス」

…今回の旅では、僕は記事を書かねばならず、すごくメモをして写真を撮った。3泊4日の短い旅だが、やはりパッケージツアーは無駄がない。

 

旅の専門家集団に混じっての旅で緊張もしたが勉強にもなった。

 

旅にはそれぞれテーマがあって、今回の旅では「カオサン通り(バックパッカーの聖地)」のような 裏路地的な場所には行かない。

「パッポン通り(ゴーゴーバーなどの歓楽街)」のような怪しいお店にも行かない。

タイのいいところを見て回った。

 

ヒッピー時代は裏路地専門だったので分らなかった きれいな「Thailand」を切り取った旅行「魅せるためのパッケージツアー」。

何でもかんでも見せてしまうのがいいとは限らない。 今回の旅も勉強になった。

 

ダムヌンサドゥアック水上マーケット(タイ)