免税店オパール・スペクトラム

オーストリア サーファーズ・パラダイス カビル・アベニュー「免税店オパール・スペクトラム」

ゴールドコースト、サーファーズ・パラダイスのオーキッド・アベニューの南端、カビル・アベニューにあった免税店オパール・スペクトラム(Opal Spectrum)。 1階がオパールやサファイアなどの宝石類を取り扱うスペースで、2階がシープスキンや カンガルー製品、お酒、たばこなどのお土産品を扱うスペースだった。 スタッフは日本人、フランス人、ドイツ人、ベルギー人と移民や外国人がほとんどのお店だった。



オーストリア サーファーズ・パラダイス カビル・アベニュー「免税店オパール・スペクトラム」2階スーベニアコーナー

日本人女性スタッフとツアーガイドさん。

日本人のハネムーナーの来店が多く、 彼女たちが対応をし、僕たちがパッキングやセンディングなどを行なっていた。

後ろのコアラのぬいぐるみ… すごくない。

 

オーストリア サーファーズ・パラダイス カビル・アベニュー「免税店オパール・スペクトラム」1階オパール、サファイヤ等 貴金属コーナー

貴金属の事も結構覚えた。

特にオパールは接客の中で必要な知識なので詳しくなった。 オーストラリアとメキシコでは同じオパールでも色や加工方法が違うとか…。

お客様の前ではプロですものね…。

 

オーストリア サーファーズ・パラダイス カビル・アベニュー「免税店オパール・スペクトラム」2階 ツアーガイドさんと

オーストリア サーファーズ・パラダイス カビル・アベニュー「免税店オパール・スペクトラム」2階 ツアーガイドHisamotoさんと

ツアーガイドや添乗員の皆さんとも仲良くなって…。

陽気なサーファーズという事もあり、旅先の仕事…つまり永久就職ではないという事もあり、 一緒にコンラッド(カジノ)にいったり、飲みに行ったり、変な駆け引きもなくフランクに付き合わせてもらった。

…ま、お友達感覚ね。

 

年上の豪気な武道家二人とつるんで

オーストリア サーファーズ・パラダイスのフラットのベッドルーム

武道家コンビ。

ショップの中ではいわゆるマネージャー。

髭のMasaさんがボスで僕の先輩で、兄貴の親友で、陽気で面倒見のいい兄貴といった感じ。

結局僕はVisaの期限が切れるまでこの店で働き、この先輩たちと陽気なサーファーズ・ライフを楽しんだ。

 

全く関係ないがこの頃の僕の昼食は、ほとんど毎日と言っていいほど2ドル60セントの ケンタッキーのランチパック。

日本では高いと感じていたケンタッキーのチキンがセットで220円で食べられるので、 さもしくも食える時に喰っとけ~って感じだった。

 

たまにフードコートで知り合いの店のチャーハンや、カフェでバーガーなどを食べたりもしたが、 2日と続かずまたケンタに戻って行った。

 

オーストリア サーファーズ・パラダイスのフラットのベッドルーム

日替わりでサーファーズ中のホテル・バーに通ったり、ホテルのプールに入ったり、 カジノにはまってみたり、友人宅でパーティをしたりと、 毎晩遅くまで遊びまわっていた。

 

後日談だが、Masaさんは長年の夢だったパイロットの資格を取るため オーストラリアに残りクーランガッタのパイロット・スクールに通った。

Hiroshiさんはオーストラリアの免税業界に残り永住権を得てオーストラリアに正式に移住した。

オーストラリア出国

Visaの期限が迫ってきて、この後どうしようか考えていた。 こればかりは誰に相談するというより、自分自身がどうしたいかの問題だし、

「このまま日本に帰らず旅を続けたい…。」

というのははっきりしていたが、具体的な方法論が20歳の経験値では答えが出せずにいた。

 

そんなある日エルクホーンアベニュー(Elkhorn Ave)に旅行会社の看板を見つけ、 ふらっとのぞいてみた。

そこで発見したのは、

 

「ブリスベンー香港ー日本ーイギリスーアムステルダムーアラスカー日本ー香港-ブリスベン」 の1年オープンのエアチケット。

 

わずか900ドル(約77,000円)で購入が可能だった。

しかも8フライト全て別々のチケットで、航空会社まで違うので全ての国や地域に滞在できる。

トランジットではないタイプだ。

 

日本からオーストラリアに来たときは往復で航空券が16万円だったことを考えると激安だ。

一日考えて翌日にはそのチケットを購入した。

と同時にそれまで大切に保管していた日本へのリターンチケットはゴミ箱行きになった。

 

暑い夏が終わる3月頃、Visa切れギリギリまでオーストラリア・ライフを楽しんで香港に向け出国した。

 

サーファーズ・パラダイス

テキストのコピーはできません。