台湾 淡江大学姉妹留学

台湾 淡江大学淡水キャンパス「中高生台湾淡江大学短期留学」

台湾-淡江大学姉妹留学。一昨年の2016年、自分自身が中国上海の上海外国語大学夏季短期語学留学に参加し、昨年、小学六年生の次女を台湾淡水短期留学に出した事で、なんだか我が家は中国語留学の流れができていた。元々、一番初めに英語留学を検討していた長女、娘(ンニャン)ちゃんは高校受験があったとはいえ僕と妹に先を越されたので、志望高校に合格した今年こそは留学すると考えていたようだ。まあ、来年は高二なので今度は大学受験が視野に入る時期だから、今年しかないとも言える。基本は移動から手続きから全て自分達でやってもらうつもりだが、いざという時の為に「留学お見送り渡台」することにした。


淡水 淡江大学姉妹留学

台湾 桃園国際空港 入国審査「淡水姉妹・淡江大学留学」

地域によってもちろん差があるが、2017年頃からイミグレ(入国審査)の流れが変わってきた。以前というか元々は

「パスポート提示→パスポートの写真と本人の顔を担当官が目視確認→入国の目的の口頭確認→入国スタンプ」

といった流れだったが、この頃は

「パスポートと入国カード提示→指紋スキャン→網膜スキャン→入国スタンプ」

となっていた。

 

ちょっと先の話だが、2019年4月の韓国仁川では

「(無人)パスポートスキャン→指紋スキャン」

というところまで簡素化されている。…入国スタンプが増えないのはちょっとさみしいな。

 

台湾 桃園国際空港

現在のパスポートは5年用(紺色)と10年用(赤色)が選択できるが、(未成年は5年用(紺色)のみ。)1989年の旅券法改正までは「一時旅券」と「数次旅券」の自由選択という形だった。

ちなみに日本で初めてパスポートが発行されたのは江戸時代の1866年5月21日(慶応2年4月7日)で「海外渡航文書」と呼ばれ江戸幕府の発行らしい。

 

台湾 桃園国際空港 到着ロビー

台湾桃園国際空港に到着。

 

今回は西門の「ホテル パパ ホエール」に娘達と一泊し、台湾初めての長女の為に台北市内を案内して回り、翌日淡江大学の入学手続きの為、淡水に移動する。

 

台湾 台北市 西門紅楼(シーメンホンロウ)

西門紅楼(シーメンホンロウ)を見学し…

 

台湾 台北市 西門中華路一段の食堂

西門中華路一段の食堂で娘(ンニャン)ちゃんは初の台湾での食事をし…

 

台湾 台北市 国立台湾大学

公館站に移動し、国立台湾大学構内をU-Bikeで見学。

 

台湾 台北市 永康街 思慕昔

MRT東門駅下車、永康街の「思慕昔」でかき氷を食べ…

台湾 台北市 西門ホテル パパ ホエールのパティオ

西門に戻り ホテル パパ ホエールで寛ぎ…

 

台湾 台北市 西門ホテル パパ ホエールの図書館

台湾 台北市 西門ホテル パパ ホエールの客室

台湾 台北市 西門ホテル パパ ホエールのフロントデスク

荷物を置いて西門の街に繰り出す。

 

台湾 台北市 西門でチュロス

西門でチュロスをほおばりながら、タトゥ(刺青/入れ墨)のお店に入って施術中の人やデザインを眺め…

 

台湾 台北市 西門 針金細工

露店の針金細工に捕まり…

 

台湾 台北市 西門のストリートパフォーマンス

西門駅前のストリートパフォーマンスで盛り上がる。

 

西門から淡水に移動して…

台湾 淡水老街 淡水客船埠頭

翌朝早々に淡水に移動し、またU-Bike淡水老街を一気に見て回り…

 

台湾 淡水 淡江大学留学 学生寮

淡江大学での入学手続きを済ませた娘(ンニャン)の4人部屋。

 

台湾 淡水 淡江大学留学 学生寮

こちらはNonの部屋。

 

台湾 淡水 淡江大学付近のタピオカ屋さん

僅かな時間を見つけてタピオカ屋さんに行き…。

 

台湾 淡水 淡江大学のサマーキャンプの学生

淡江大学のサマーキャンプの学生に。

知らない人たちと3週間の寮生活、中国語学習、留学生活の開始。

 

お見送り任務終了

台湾 淡水 台北トラベラー

前回淡水にある3件のバックパッカー全てに泊まり、台北yes背包客民宿淡水店旅行邦尼 Tourist Bunny台北旅人國際青年旅舍それぞれのいいところはわかっている。今回はのんびりしたいので宿泊先は台北旅人國際青年旅舍(Taipei Travelers International Hostel)にした。

 

13:00に娘二人を淡江大学に送り、入学手続きを見届け、それぞれの寮の部屋を覗いて、16:00には彼らは「校園導覽」と呼ばれるキャンパスツアーに出掛けた。

ここで僕は用済み。

実際は僕は台湾に来る必要はなかった。


事前に航空会社Peach Aviationや台湾の日本領事館沖縄分署に相当する「台北駐日代表処 那覇分処」に連絡し、

「13歳と15歳の単独での留学航台は可能か?」

等々問合せ済みで、航空会社は

「弊社では12歳以上は大人扱いなので特に問題はない。」

との回答。

ここは慎重なとこだったので、コールセンターだけだと不安で再三確認してもらった。

台北駐日経済文化代表處からは

「法律で18歳未満は18歳以上の同行者がいないとホテルに宿泊できないが、宿舎付の留学であれば特に問題はない」

と回答をもらっていた。

 

でもやはり心配なのでしつこく

「絶対?」

と聞くと、担当者は心配になったのか、わざわざ桃園空港にまで連絡を入れ問題ない旨を報せてくれた。

 

台湾 淡水 台北トラベラー

基本的に「入管は入管」、「航空会社は航空会社」、「大学は大学」で連携しているわけではないし、何人なのかによっても対応は変わる。

 

例えばパスポートの残有効期限半年以上、若しくは3か月以上ないと入国を許さない国があるが、台湾の場合、日本人に対しては出国予定日まで有効期限があれば入国できるようになった。

 

それぞれころころ変わる国際ルールだし、担当者によって対応が違う事があるのは重々経験済みなので結構しつこく事前の調査と確認はしていた。

淡江大学(台湾新北市)地図

テキストのコピーはできません。