浦添市てだこホール

浦添市の文化芸術の発信地「浦添てだこホール」

ゴールデンウィークの中日、Nonのダンス部の発表会があるという事で浦添てだこホールにやってきた。浦添てだこホールは、この時点では関東と沖縄で不動産を販売するアイム・ユニバースという会社の名前を冠している。浦添てだこホールは浦添市の文化芸術の発信基地としての役割を担っていて、周辺には浦添美術館や社会福祉センター、運動公園、図書館などが集積している。


てだこホール施設案内図

浦添てだこホールの施設は、

①大ホール
②小ホール
③市民交流室
④練習室1
⑤練習室2
⑥楽屋
⑦多目的室1
⑧多目的室2
⑨マルチメディア学習室
⑩音楽スタジオ

となかなか充実している。

 

てだこホール周辺図

浦添てだこホールの周辺って、浦添美術館や運動公園、社会福祉センター、図書館などが集まっていて、あの辺行けば浦添市の公共施設あるよね、といった地域。

少し離れているけど、浦添市役所や浦添警察署も車で数分の距離にある。

 

浦添市てだこホール・大ホール

浦添てだこホールの大ホール。

僕の印象としては、大掛かりなイベントは沖縄コンベンションセンターで開かれることが多いのに対し、浦添てだこホールでは、中学高校の音楽発表会やダンス発表会など100~300人の集まる中規模イベントが開かれることが多いように感じる。

 

浦添市てだこホール・大ホール棟内

浦添てだこホール大ホールのホワイエ。

俗にいうロビー。

 

浦添市てだこホール・大ホール棟内

浦添てだこホールではフランス語由来の「ホワイエ」という呼び方を採用している。

 

浦添市てだこホール・生涯学習棟

大ホールの正面には「生涯学習棟」の入り口。

 

浦添市てだこホール・小ホール

生涯学習棟を奥に進めば、浦添てだこホールの「小ホール」。

 

浦添市てだこホール・階下への階段

大ホールや小ホールのある階から下に降りれば、

 

浦添市てだこホール・楽屋

大ホール、小ホールとつながる「楽屋」が正面に浮いている。

 

浦添市てだこホール・マルチメディア学習室B

その真ん中のフロアに「マルチメディア学習室」。

 

浦添市てだこホール・バリアフリーの階段

バリアフリーの階段をさらに下に降りれば、

 

浦添市てだこホール・練習室1

楽屋につながる「楽屋口」。

練習室1もこの奥にある。

 

浦添市てだこホール・練習室2・音楽スタジオ

楽屋口の向かいに「練習室2と音楽スタジオ」。

 

浦添市てだこ広場

その先には「てだこ広場」。

 

浦添市てだこホール・大ホールから市民交流室への道

大ホールを反対側に進めば、

 

浦添市てだこホール・市民交流室

「市民交流室」。

 

浦添市てだこホール・330号線への道

その先には…。

 

浦添市美術館

浦添美術館。

平成2年に沖縄初の公立美術館として開館しニュースにもなった。
漆芸品や、絵画、焼物、染織、金工など延べ2,000件の美術品を収蔵している。

那覇市にもこういった文化施設はあるんだけど、

・那覇文化芸術劇場なはーと(久茂地3丁目)
・那覇市民ギャラリー(久茂地1丁目・パレットくもじ6階)
・那覇市伝統工芸館(牧志3丁目)
・ほしぞら公民館・プラネタリウム(安里2丁目)

といったように集積していないし、どこも駐車場事情が最悪でほとんど利用したことがない。

まあ、学校や各種団体も何かイベントを企画する時は

・駐車場の確保

という問題から入る事が多く、どうしても浦添のてだこホールや宜野湾のコンベンションセンターを選んじゃうんだろうね。

こういった点では那覇市民はかなり残念な状態にある。

あ、那覇市立じゃないけど、唯一「県立博物館・美術館 おきみゅー」の2階ホールで保育園の卒園式をやった事があったな。

あそこは駐車場が結構大きいからね。

 

浦添市てだこホール地図

テキストのコピーはできません。